LOGACON
LOGACONとは
・ FA(Factory Automation)
・ PA(Process Automation)
・ LA(Laboratory Automation)
以上を実現するにあたって、より容易にシステムを構築する支援ツールとして活用していただくために御提供致します。

機能一覧

機能と特長

・ システムの構築、追加、変更が容易に可能
・ マルチタスク機能
・ プラットホーム:Windows 2000Server / 2003Server / XP(Professional)
・ プログラムレス
・ PLCとのインタフェース
・ グラフィック監視画面による運転監視・制御
・ 遠方監視機能(オプション)
・ 市販ソフトへのデータ互換
・ リモートメンテナンス(オプション)
・ システムの二重化対策
・ 制御機能
・ タッチパネルへの対応(オプション)

システムの構築・追加・変更

各現場の状況に向けての構築ができ、運用後も追加、変更が容易にできます。

端末ごとの煩わしい設定はありません。接続方法、拡張は自由自在です。

システムの構築・追加・変更

プログラムレス

システムに必要となるデータ設定は、対話方式で行いプログラムを作成/修正する必要はありません。

Tag設定、グループ設定、操作パネル等では、Windowsにて標準化されている設定方法を採用しています。管理者の頭を悩ます事はありません。

プログラムレス

多種多彩な運転監視・制御・解析

グラフィック監視画面やグラフによる運転・警報監視、制御、解析等を常時行うことが可能です。

指定した設備の制御パネルをポップアップし、運転制御は画面遷移をする事なく行うことができます。

多種多彩な運転監視・制御・解析

システムの二重化対策

サーバ機を複数台設置することにより、監視・制御ならびにデータの二重化を行い、ハード障害 による危機管理を回避します。

端末1台1台がサーバー機能を待っています。従ってデータおよび制御機能の二重化が可能です。また、制御機能の排他設定も可能です。

システムの二重化対策

制御機能

ニーズにマッチした監視・制御機能を構築します。

すべての画面に制御機能を持たせる事が可能です。また、使用頻度の高い情報については、別画面で常時監視を行う等、の御要望にお応えします。

制御機能

市販ソフトへのデータ互換

市販ソフトで活用できるデータに変換可能です。

データはMicrosoft Access 及びMicrosoft Excel での提供が可能です。

市販ソフトへのデータ互換
Microsoft Office Microsoft Access2003 Microsoft Excel2003は Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。

遠方監視機能(オプション)

電話回線接続による遠方監視が可能です。

必要により、インターネットによる情報の転送も可能です。

遠方監視機能(オプション)

タッチパネルへの対応(オプション)

市販のタッチパネルモニターを導入する事により、操作性が向上します。

監視・制御を行う上で、慣れの必要なマウス操作は一切必要ありません。画面にタッチするだけの簡単操作です。数値入力や、日付入力も用途に合わせた画面がポップアップします。

タッチパネルへの対応(オプション)

標準仕様

ソフトウェア仕様

項目 仕様
タグ点数 1,000点
スキャン周期 最小1秒 〜 最大60秒
ロギングデータ保存期間 最大3年間
警報データ保存件数 50,000件
トレンドグラフ表示タグ件数 100点
トレンドグラフ表示時間 最小1時間 〜 最大24時間
トレンドグラフサンプリング周期 最小30秒 〜 最大30分
※ 性能向上のため機能、仕様について予告無く変更する事があります。

機器構成

項目 構成
コンピュータ本体 Pentium 1GHz 相当以上
メモリ 512MB以上
ハードディスク 2GB以上の空き容量
ディスプレイ解像度
(タッチパネル対応)
1600x1200 ドット表示
(タッチパネル使用時の数値入力は電卓風画面にて行う)
OS Windows 2000Server / 2003Server / XP(Professional)
Microsoft Windowsは Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。

設備制御・データ統合システム「LOGACON」に関するご質問・ご相談は
弊社担当者までお気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社スペック   管理部  田中 佳和
電話:0836-35-3610    FAX:0836-35-3611
メールフォームでお問い合わせ